ジャパンテディベアフェスに行ってきました

e0111112_19154795.jpgジャパンテディベアフェスティバルに行ってきました。
毎年ベアの研究と材料を購入するために行く事を楽しみにしています。
そしていつも沢山の刺激をもらっています。

右は大好きないわさきちよりさんのブース。
いわさきさんの作るベアは完璧な可愛さなのです。
まさにゴッドハンド!神業としか思えないのです!
今年のベアも可愛さがバクハツしていました。

e0111112_1916225.jpg
高くてベアには手が出ませんでしたが、娘にせがまれてキャンバスバッグを購入。
サイズがMとLあったのですが、娘にはMがぴったり、でも私にはちょっと小さいなぁ〜と悩んだ末に2つともお買い上げ〜。
でも、大きい方は上の娘に取られそうだな〜。


e0111112_19151271.jpg左は泉木の実さんのブース。
いつものように人だかりができていました。
泉さんのベアは子供にも人気があるのですね。
小学生くらいの女の子が大事そうにだっこしているのがとっても印象的でした。


去年までこのフェスに行ったあとは「もうベア作るのやめようかな〜」と
かなり落ち込んで帰っていました。
今年もそうなるだろうなと覚悟して行ったのですが、なぜか今年はそうならず、
むしろ「あ〜、早く帰ってベアが作りたい!」という気持になりました。
そんな気持になった事にとても驚いています。

「なぜ?」とずっと考えているのですが、自分でもわかりません。
去年よりベア作りが上達したわけでも、自信が付いたわけでもないのですが…。
もしかしたら少し気持に余裕ができたのかもしれませんね。
私のベアは私にしか作れないんだし、不器用でブサイクになってもそれでいいんだと思えるようになったのだと思います。

やっぱりベア作りが大好きだ!と感じた1日でした。
[PR]
# by riesbear | 2007-10-06 17:53 | テディベア

リメイクで生まれ変わったもの

e0111112_84186.jpg夏休み、クローゼットを整理していたら、最近穿いていないジーンズを見つけました。
庭仕事用にとっておいたジーンズだけど、けっこう場所をとっているし捨てようかなと思ったけれど、ちょっとリメイクしてみる事にしました。

膝丈にしてレースを付け、後ろのポケットに以前編んだレースのドイリーを縫い付けてみました。

思ったより可愛くできたので子供達に「どう?かわいい?」と聞くと、
「ママはお尻が大きいから似合わない」と言われてしまいました。ガックリ。。。
可愛いかどうか聞きたかっただけなんだけど...。

e0111112_8365923.jpgそれから一カ月ほどたった昨日、洗濯したクッションカバーに穴が開いてしまったので、修理するためにミシンを出しました。

このクッションカバーは 10年以上前に作った物ですが、気に入っていたのでずっと使っていました。
さすがにもう寿命かなと思ったけれど、やっぱり気に入った物は簡単に捨てられません。
お気に入りの布を縫い付けてあげると、前以上に表情が付いて素敵に生まれ変わりました。
これでまたもう少し一緒にいられそうです。


e0111112_85855.jpgせっかくミシンを出したので、アレ縫いたいな〜と思っていた物を一気に縫い上げ、ふと、切ったジーンズの裾の事を思い出し、これもリメイクする事にしました。

それで写真のようにランチョンマットに。
家のパインのテーブルは熱い物が置けないのでランチョンマットは必需品。
デニムのような厚い生地がちょうどいいのです。
でもジーンズの裾だと食事用にはちょっと抵抗がありますね。
お鍋を置く時などに使う事にします。
[PR]
# by riesbear | 2007-09-22 08:55 | 手作り

夏休みの自由研究

e0111112_2005745.jpg夏休みももう少しで終わりですね。
今日は子供の自由研究の工作を仕上げました。

何日か前にブドウの箱を見ていたら小学生の時に作った水族館を思い出し、子供に説明すると気に入ってくれたので早速作る事になりました。

まず図書館で海に住む魚の本を借り、話し合いをした結果、浅い海をテーマに作る事に決まりました。
魚も10匹決め、厚紙の両面に絵を描かせました。
期待はしていませんでしたが、予想に反してなかなかの出来。

あとは百均で色画用紙やセロファンを買い、切ったり貼ったり。
初めはできるだけ子供にやらせなくては…と思っていたのに、仕上げはほとんど私がやっていました。

e0111112_8115246.jpgこの水族館にはちょっとした工夫があります。
箱の上のビーズに番号が書いてあって、引っ張ると魚が動きます。
下の紙には番号とその魚の名前や特徴が書いてあり、詳細がわかる仕組みです。
2年生の工作にしてはひねりが効いていて、なかなかいいんじゃない と2人とも大満足でした。

大作を作り終え、子供にも私にも充実した1日になりました。
これで夏休みにやり残した事はないはずなのですが。
[PR]
# by riesbear | 2007-08-30 20:31 | 最近の出来事

魚取り

e0111112_20363994.jpg今日、市内にある緑ヶ丘公園に子供達と魚取りに行きました。

自転車で20分くらいかかるところなので、
正直 仕方なく だったのですが、いつもベアばかり作っていて ほったらかしだし、たまには子供にサービスもしてあげないとな〜と、
なんとおにぎりまで作って出掛けました。

私も最近まで知らなかったのですが、この公園には素敵な池があります。
もちろん人工的に作った池なのでしょうが、とても上手く作ってあって ホントに自然に近い池なのです。(気になる方は上のリンクを見て下さいね)
そう言えば小さい時、こういう池でメダカやフナ、ザリガニなんかをよく捕まえました。

e0111112_20372079.jpg行く前は嫌々だったのですが、魚取りが始まると昔の記憶が蘇ってきて、子供にダメ出しはするし、頼まれてもいないのに指導はするし…。
挙げ句の果てに、子供から網を奪って夢中になってしまいました。


メダカは少し前に絶滅危惧種に指定されたと聞いた記憶があるのですが、この池には沢山いて、何だかちょっとホッとしました。
他にもフナ、ドンコ、ザリガニ、小さなエビ、珍しいトンボや、ウシガエル、かめ、なんとヌートリアまで!(さすがにこれは生態系に影響があるのでは…)様々な生き物に出会う事ができました。

今度はたこ糸におやつのイカ(昔あった、赤っぽくて酸っぱいイカの足のおやつです)を付けて、ザリガニつりに来ようかなと密かに計画中です。

帰ってから気がついたのですが、なんとズボンも靴も泥んこ!!
子供がこんな格好で帰ってきたらすごく怒るのですが…。
泥んこになるのは、そんな事も気にならないくらい一生懸命だったって事なんですねー。
これからは、泥んこで帰ってきてもあまり怒らないようにしよう・・・。
なんて反省もしたりなんかして…。
とにかく童心にかえった一日でした。
[PR]
# by riesbear | 2007-07-07 20:37 | 最近の出来事

のだめ

e0111112_10232936.jpg「のだめカンタービレ」にハマっております。

なんて言うと「えっ!?今ごろ?」という声が聞こえてきそうですね。

実はかなり前に、お義姉さんのお家に行った時「のだめ…」の話になりました。

普段全くドラマを見ない私は全然知らなかったのですが、お義姉さん夫婦はかなり前からハマっていたらしく、コミックもずらりとそろっていました。
その日はたまたまドラマの最終回の前日だったので、今までのストーリーも話してくれたうえ、コミックまで貸してくれました。

ドラマの最終回を観て、コミックも読み始めたのですが、最初は「ふ〜ん」という感じ。
でも、読み進むうちにだんだん引き込まれて、最後まで読んだら“これはもう一度読まないと!”という気持になり、2回め!

で!・・・・くぅ・・ハマってしまいました!!


e0111112_10423054.jpg芸能関係に疎い私は俳優さんも知らないのですが、最終回で見た千秋役の玉木宏さんがあまりにもイメージにピッタリなのでびっくり。
本当に綺麗な方ですよね〜、“は〜っ”っとため息が出てしまいます。
のだめ役の上野樹里ちゃんもハマり役でした。

ドラマの方も気になった私は
早速DVDまで借りて観ております。
一昨日は、子供ともこの面白さを共感したい!と「面白いから一緒に観よ!」と誘ってみたのですが、「他に観たい番組があるからイヤ」と言われ、拗ねまくっていました。(大人気ない…)

それにしても、のだめや千秋のような才能がある人は羨ましいですね。

今家ではクラシックの曲が流れ…、
下の子はピアノを習い始めました。

マイブーム、しばらく続きそうです。
[PR]
# by riesbear | 2007-06-29 11:10 | お気に入り

雨後の…

e0111112_20382241.jpg梅雨の長雨で庭に出れない日が続いて
久しぶりに庭に出ると、ほんの一日二日の事なのに庭の様子がものすごく変わっているのに気が付きます。

これは数年前に植えたヒメイワダレソウ。
植えた時は小さなポット苗だったのですが、今では庭中占拠する勢いです。

「雨後の竹の子」という言葉がありますが、本当にそんな感じです。
雨の後はいつもより延び方が早くて、ちょっと油断していると花壇の中にまでランナーを伸ばしていきます。

e0111112_20383583.jpg5月16日の写真を見てもらうとどんなに伸びているか良くわかると思います。
グランドカバーといって、地を這うようにのびる植物が好きで、この他にも何種類か植えているのですが、そんなこともお構い無しでその上を覆うように伸びてしまいます。
何度も引っこ抜いたりカットしたりしているのですが、それでも元気です。

でも、踏まれても踏まれてもぺちゃんこになりながらも花を咲かせているのを見ると愛おしい気持にもなりますね。

e0111112_20385523.jpge0111112_2039867.jpgその他にもワイルドストロベリーが真っ赤に熟れていました。
毎日、これくらいは収穫できます。
ラズベリーはいつものように野鳥と取り合いっこになっています。

雨の日は私が不利で、やっぱり沢山食べられてしまっていました。
もうしばらくするとブルーベリーも少しずつ青くなっていきます。
[PR]
# by riesbear | 2007-06-19 20:41 | ガーデニング

ナンを焼きました

e0111112_21402939.jpgとうとう今日梅雨入りしました。
朝からシトシト雨が降っていて、部屋の中もジト〜っとして不快指数はかなり高いです。
こんな日は、何も考えずにひたすらベアを作るのだ〜っとベア作りに集中していたら、お買い物に行くタイミングを逃してしまい、娘が帰ってきました。

「一緒にお買い物行くー?」「いや」
「じゃあ、お留守番していてくれるー?」「いや」
そんな会話が延々続き
「でも、カレーぐらいしか作れないよ」「いいよ」
「カレーならナンが食べたいね。ナン買いにパン屋さんにいこうか?」「・・・・(かなり気持が揺れて)・・・いや」
「・・・・・」

e0111112_21412444.jpgでもやっぱりカレーならナンが食べたいな〜と思った私は、仕方なくナンを作る事にしました。
かなり前に一度だけ作った事はあったけど、作り方どうだっけ…?
確か材料は強力粉と薄力粉と水と塩と…イースト菌を忘れずに…砂糖はどうだったけ?
まぁ、あとは適当にしてコネコネ。

完成ー!
これが思った以上に上手くできて、子供達にも大好評でした!
思ったより簡単だったし、今度は子供達と一緒に作ってみようと思います。
[PR]
# by riesbear | 2007-06-14 21:41 | 手作り

ベアの名前

Rie's bearのベアの名前ってちょっと変わってるな〜なんて思っている人、
けっこう多いと思います。
「ドット」や「デージー」ならまだ許せますが「ダンガリーパンツ」や「リネンワンピ」「レーススカート」なんてやっぱり変ですよね。

実はこの名前、私がどんなベアだったか忘れないように
便宜的に付けている名前なんです。

買った犬に最初から名前が付いていたなんて話、よく聞きますよね。
でも、自分で買った犬に自分で名前を付けられないなんてちょっと寂しくないですか?
なので、私はベアの里親さんにぜひ名前を付けて頂きたいな〜と思っています。

そんな私の気持を知ってか知らずか、
素敵な名前を付けて下さっている里親さんもいます。
もし、あなたのベアちゃん達にまだ名前が付いていなかったら、
好きな名前をぜひ付けてあげて下さいね。

e0111112_10414244.jpgこの子達は最近誕生したベアですが、裸んぼなのでまだ名前がありません。

服を着せてあげるときっと自然に名前も決まると思います。
さて、どんな名前になるのでしょうか?
[PR]
# by riesbear | 2007-06-12 10:42 | テディベア

気を引き締めて

e0111112_1933275.jpgジャパンテディベアの会報誌にRie's bearの広告を載せて頂きました。
この会報誌に載っている作家さんは有名な方ばかりで、そんな方達と同じ紙面に載せて頂けるなんて本当に幸せな事だと思っています。

実際お隣は、泉木の実さんの広告でした。
泉さんと言えば、私が7年前に買ったテディベアの本が泉さんの本で、私がテディベアを作るきっかけを作ってくれた人です。

e0111112_1954569.jpgそんな方々に少しでも近付けるよう、これからも気を引き締めてベア作りを頑張らないと と思っています。

もしこの会報誌を見る機会がありましたらRie's bearの広告、探してみて下さいね。
[PR]
# by riesbear | 2007-05-30 20:10 | テディベア

悲しい事

e0111112_1916558.jpg先日、主人の父が亡くなりました。
ゴールデンウイークは元気だったのに、余りにも急に逝ってしまい悲しくて仕方がありません。

義父は聡明で物静かで男らしく、何よりとても優しい人でした。


私達とは遠く離れて住んでいたので、帰郷するのはお盆だけでしたが、孫の顔を見るのをいつも楽しみに待っていてくれました。
去年の夏には盆踊りを踊る孫を見て「涙が出る」と言い 遠くから見てくれていたのが忘れられません。
こんな事なら、もっと頻繁に帰ってあげるんだったと悔やまれてなりません。

お葬式の日は大雨が降りました。
なのに終わるとすぐに晴れてきて・・・きっと おとうさんの涙雨だったと思います。

今も、ふと おとうさんの事を思い出すと涙が出ます。
今日はとても良いお天気です。
おとうさんがいなくなっても いつもと同じ時間が流れています。
自分以外の所ではいつもの日常が当たり前にくり返されているんだ ということがとても不思議で、考えるともっと悲しい気持になります。

e0111112_19173056.jpg

こんなに悲しいのに、
今日は私の誕生日です。
[PR]
# by riesbear | 2007-05-29 17:40 | 最近の出来事